特別養護老人ホーム

運営方針

  • 1.利用者の人権の尊重
  • 1.日常生活の充実
  • 1.家庭的な環境
  • 1.専門性のあるサービスの提供
  • 1.地域社会との交流

ご利用料金のご案内

基本料金 〈保険給付内〉

自己負担額 (1日あたり) 要介1 要介2 要介3 要介4 要介5
多床室 634円 703円 775円 844円 912円
従来型個室 580円 651円 723円 794円 863円

その他の加算

初期加算 入所後30日に限り上記料金に30円割増となります。
日常生活継続支援加算 22単位/日
看護体制加算 (Ⅰ) 6単位/日
精神科医療養指導加算 5単位/日
栄養マネジメント加算 14単位/日
口腔機能維持管理体制加算 30単位/月
口腔機能維持管理加算 110単位/月
個別機能訓練体制 12単位/日
療養食加算 (対象者) 23単位/日
夜間職員配置加算 22単位/日
看取り介護加算 (対象者) 80単位/日(死亡日以前4~30日)
680単位/日(死亡日の前日・前々日)
1,280単位/日(死亡日)
経口維持加算 (Ⅰ) (対象者) 28単位/日
経口維持加算 (Ⅱ) (対象者) 5単位/日
入院・外泊 (対象者) 入院・外泊をした次の日より6日間:246円
介護職員処遇改善加算(Ⅰ) 所定単位数に2.5%を乗じた単位数

基本料金〈保険給付外〉

自己負担額  
日用品費 150円/日
事務管理費 1,050円/日

負担限度額〈日額〉

利用者負担段階 居住費 食費 高額介護サービス費の負担限度額
従来型個室 多床室
第1段階 本人および世帯全員が住民税非課税世帯で、老齢福祉年金の受給者、生活保護の受給者 320円 0円 300円 15,000円
第2段階 本人および世帯全員が住民税非課税世帯で、合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の人 420円 320円 390円 15,000円
第3段階 本人および世帯全員が住民税非課税世帯で、利用者負担段階第2段階以外の人 820円 320円 650円 24,600円
第4段階 上記以外 1,150円 320円 1,380円 37,200円

医療費

ご利用料金の案内 ショートステイの方(短期入所・介護予防通所入所)

介護福祉施設サービス費(1日あたり)

下記の利用料金表によって、ご契約者の要介護度に応じたサービス利用料金から介護保険給付費を除いた金額(自己負担額)をお支払いください。
(サービス利用料金はご契約者の要介護度により異なります。)

ご契約者の要介護度《予防給付》 要支援1 要支援2
サービス利用料金(従来型個室) 458円 569円
ご契約者の要介護度
《介護給付》
要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
サービス利用料金
(従来型個室)
612円 683円 755円 825円 895円
  • 上記の料金に別途加算されます。
サービス提供体制加算Ⅰ 12単位 予防給付 介護給付
看護体制加算Ⅰ 4単位 介護給付
夜間職員配置加算 13単位 介護給付
介護職員処遇改善加算(Ⅰ)
所定単位数に2.5%を乗じた単位数
介護給付

食費・滞在費(1日あたり)

利用者負担段階 居住費 食費
従来型個室 多床室
第1段階 本人および世帯全員が住民税非課税世帯で、老齢福祉年金の受給者、生活保護の受給者 320円 0円 300円
第2段階 本人および世帯全員が住民税非課税世帯で、合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の人 420円 320円 390円
第3段階 本人および世帯全員が住民税非課税世帯で、利用者負担段階第2段階以外の人 820円 320円 650円
第4段階 上記以外 1,150円 320円 1380円
  • (内訳)
  • 朝食280円
  • 昼食550円
  • 夕食550円
  • ご契約者が要介護度認定を受けていない場合には一旦金額料金をお支払いいただきます。認定を受け たのちに介護保険から自己負担を除く金額が償還払いされます。また短期入所の利用限度日数を超える場合もサービス利用料金の金額をお支払いいただきます。
  • 介護保険からの給付額に変更があった場合、変更された額にあわせて、
    ご契約者の負担額を変更します。

お気軽にお問い合わせ下さい

事業案内
  • 特別養護老人ホーム
  • デイサービス
  • グループホーム
  • 居宅介護支援事業所
  • 橿原市地域包括支援センターブランチ型相談窓口